スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 冒険に恋して

うるせぇ!見よう!

というわけで記事番号800、昨日見てきましたONE PIECE FILM STRONG WORLD感想記事です
映画館の中の人お疲れ様ですw私あそこの映画館があんなに混んでることみたことなかったよww
なんとかレイトショーの席を確保して半日wktkし続けてみてきた感想、
いやーもういいよ、なんでもいいよ、とりあえず黙って見て来いよ
私ワンピ読みだしてもうすぐ11年ですけどホント10年追っかけてきてよかったよ

ワンピースを途中で離脱しちゃった人にも見てほしい作品です
東の海あたりが好きなら見に行くべき
予習するなら1~12巻まで読んでから行くことをお勧めします

ちなみにポストカードはビリー!やったね!
パンフ見て初めてロビンちゃん=エヴァのリツコさんだと知りました そーだったのか…

余談ですが今日1~12まで読み直しました
やばい涙腺が弱くなりすぎている
1巻で涙腺崩壊しかけたポイントは全部で15か所でした 多すぎw

明日あたり一番くじひいてこようー
まわりのコンビニにおいてあるかなどうかな

2回目は画集出てから行きます
2列目でスクリーン近くて全体が把握しづらかったし


続きはネタバレあり感想
ちょっとテンションあがっちゃってる状態での感想です



一言でいえばルフィがひたすらカッコいい映画でした
船長!船長!船長!!
悪く言えばちょっとみんな「ルフィ」「ルフィ」言いすぎ(特にナミさん)

やっぱりルフィ=ヒーロー、ナミ=ヒロインなんだなぁこの漫画は、と改めて再認識させられました
もうね、アーロン編大好きな私にとってはね、もうね、いろいろとね…
見るべきところはナミさんの可愛さとルフィのカッコよさ これにつきる
ハンコックも可愛いけどやっぱワンピースのヒロインはナミさんやで!
ナミさん可愛かったうえにボロボロになりながら先陣切っていく姿に私はもう完敗だ…

ワンピに恋愛は「ない」と尾田っちが言ってるし必要ないと私も思うけど今回ちょっとルフィとナミがくっつきそうに見えた
ちょっとなー二次創作とかのは結構好きなんですけど尾田っち監修でそれやるのか…とは思いました
ナミさん=ヒロインっていう要素が強かっただけだと思うけど…
ラストでダイヤルをとり合うシーンはすごいほほえましかった
ゾロは幼女との絡み率高いなw

2時間しかない尺をヒーローとヒロインに絞って魅せたのはいい判断だと思います
これ原作で連載したら2年じゃ終わらないぞw
一味集結までに2年かかるw

各キャラクター別の見どころ
ルフィ→全編
ナミ→全編
ゾロ→チョッパー、シャオとマンモスに乗ってるとことそこのセリフ「チョッパー、毛皮貸してやれ」
ウソップ→ラストの新技カッコよすぎ 助演男優賞はビリーかウソップ
サンジ→ギャグ全般と戦闘シーン
チョッパー→衣装が可愛すぎる 萌え死ねる
ロビン→メガネポニテ
フランキー→乗り物
ブルック→おいしいとこどり


討ち入りの時の麦わらの一味は本当にカッコよかった
ぶっちゃけ後ろ3人は空k(ry
イーストブルーの5人組が軸になってたかなぁと思います(チョッパーはマスコット枠)
ナミを再度連れに来たシキと対峙する時もルフィ、ゾロ、ウソップ、サンジ、チョッパーだったしなぁ
世界観は空島辺りに近いんですけど、ストーリーはもう一度アーロンパーク編をなぞったような感じでした
もうね、もう一度ナミにアレと同じことはさせたくないんですよ
イーストブルーからのクルーはアーロン編でのナミの涙知ってるからなー
ノジコの回想が入る前からもうココヤシ村の人たちが頭にチラついて涙腺ガタガタですよ
討ち入りシーンはアーロンの時の5人がアーロンパークに乗り込んでいくシーン思い出したわ
間違いなく意識して似た構成にしてきてると思う

ウソップは今回も地味によかったなぁ
ウソップのキャラ位置は本当においしい
前半のサンジとのコンビも、ルフィへの抗議も、チョッパーとのナミ救出時もほんといい仕事してる
4人が土に取り込まれてしまった時もナミに語りかけるのはウソップなんですよね
ふすまに足突っ込んでるのもよかったw
サンジは今回ギャグ担当でした
シキ戦(村)では「また咬ませ犬か」と思いましたがそのあとはかっこよかったです
なんか久々にサンジのカッコいい戦闘みた気がする
まあオチはブルックが全部持ってったんだけどw
フランキーが一番気のどくw彼のもっとも活躍するシーンはザーリーダビットソンです
ブルックは出番少ないけどどのシーンもおいしいとこもってったなw強いし
そういやブルックの眠り歌でルフィねなかったな なんでだ 船長かっこいーモードだからか


原作よりの作画もかなりよかった(特にナミさん可愛すぎます)
ワンピはアニメも映画も作画がいまいちだっただけに今回キレイで嬉しい
オマツリは細田アニメだからかやたらヌルヌル動いてたけどwあれすしお氏とか関わってたんだっけ
なんつーかこの映画は10年以上続いてきた作品で、一番をとり続けてる作品だからできた映画だと思います
10年の集大成って感じ

今までの集大成っていうのはこの映画の中で出てきたものに今まで見たことあるようなものがたくさんでてきたからです

・ジャグリングする曲芸師(バギー海賊団1回目、バラティエのパールさん)
・変な動物たち(これはいつものことですけど)
・黒スーツの麦わらの一味(6巻表紙)
・金色に輝く敵(クリーク、ウーナン(映画1作目のボス)
・何層にも重なった高い塔をてっぺんから一番下まで蹴りでぶち抜く(アーロン編の決め技)
・人を乗せるダチョウのようなくちばしの平べったい鳥(カルー)
・雪の中病に冒されたナミを背負って駆ける(ドラム島)
・空に浮かぶ島とそこに住む羽の生えた住人(空島)
・雷とゴム人間(空島)
・崖からダイブ(ウォーターセブンのカク)

とか
私otakuだから深読みこじつけどんどんしちゃうよ
あとノリが全体的に初期、1~11巻くらいの東の海の頃に似てたと思います
そう感じたのは間違いない、今回のルフィがひたすらカッコいいせい
今日1~12巻読み直したんですがひたすらルフィがカッコいいんですよ
いや別にグランドライン入ってからがカッコよくなくなった、とかそういうんではなくて、基本的に主軸がルフィから離れない(長編一本の長さがその後に比べ短い)から、読者の目がルフィにいきやすいっていうか
「仲間を集める」=「仲間になる予定のキャラが船長に惚れなきゃいけない」→「仲間になる予定の奴からカッコよく見える船長」でなければならない=なんかもう常にカッコいい

ゾロやサンジももちろんウソップもカッコいいんですけどルフィのカッコよさは別格
ヒーローのカッコよさって奴です 
アレ今回私何回「カッコいい」言ってるんだ
何度でも言うわ船長かっこいい

EDも東5人の故郷流していましたしね
アレは反則だ…ミスチルめ…



不満点
1.シキの器
ジャンプ掲載時の0話読んだときは「シキすげー」と思ったんですが、映画を見た後は案外小物だった気が
ロビンあたりが「あの伝説の…!?」とか言ってくれればよかったのに
なーんか0話見たときほど「すげー海賊」っていう印象なかったんだよね
まぁ見る前からロジャー世代なのにルフィ達に倒されちゃうのか?弱いなとは思ってましたが見てみれば納得
そりゃロジャーや白ひげには絶対勝てなかっただろうなこいつは…器が違うわ
てか能力者が水操ったらチートだろ…
バギー路線とは言わんがクロコダイルみたいな魅力的な悪役には思えなかったですね

2.ラスト
あんなにビリー活躍したのにEDではどこいったんだよw

3.ギャグが寒かった
麦わらサイド、というかサンジ全般はよかったです
ウソップと村に流れ着いたときやゴリラ倒す時とか
でもシキサイドが微妙

4.足音イラネ
シキのキンキンした足音もですがインディゴのぶーぶー音は本当に要らなかった

シナリオもだいぶ削ったんじゃないかなこれ
特に薬云々のところとか住民たちの羽とか、意味ありげなセンゴクとか
海軍はもっとかかわってくると思ったのに
ディレクターズカット版DVDとかでませんかね、東映さん
今回ワンピ映画で初めてDVD欲しいと思った

だけどこまけぇことはいいんだよ!
わくわくとカッコよさを形にしたような作品でした

ナミさんのメッセージはベルメールさんの言葉もあるし「みんな、大好き」とか「愛してる」とかかと思ったら意外と普通でびっくり
もうひとひねりしてほしかったかなぁ
でもアーロンの時は一人で戦おうとしてたんだよなぁ
今回は「助けて」って言えたんだなぁ…

ラストシーンの麦わらの一味はみんないつもの服装だったのが感慨深かった
久しぶりに赤いルフィみたぜー



で、今回一番衝撃だったこと

>なお、今回のお話が、ルフィの"17歳最後の冒険"となります。
(入場特典 0巻 尾田栄一郎メッセージより)

え?ええーーーー????
スポンサーサイト
02:55 | 週刊少年ジャンプ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://sonic89.blog86.fc2.com/tb.php/800-beb7d97b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。