スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 バクマン。について思うこと

最近「フーン」と読み飛ばし気味だったナルトですが、綱手の「シワシワ」でうっかり涙腺が崩壊しそうになりましたこんにちは
本当に涙線弱くなったなぁ私


今回はバクマン。の話。
続きに収納、長文注意。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る



バクマン、面白いは面白いんですけど、結局才能漫画になってると思いますアレ。
「友情・努力・勝利」ではなく、「俺様・才能・勝利」な漫画というかなんというか…
最近のジャンプは確かに「努力」要素が薄いとはいえ、ねぇ。

元々能力のある「才能」キャラって感情移入しづらいんですよ。
そういうキャラは物語上に必要だと思うんですが、それに対する一般人の目線のキャラも同時に必要になってくるのではないでしょうか。
例えばジャンプでいえば「ONE PIECE」のナミやウソップ、「シャーマンキング」のまん太、「HUNTER×HUNTER」のレオリオ、「ドラゴンボール」のブルマなど、そういうキャラって大事だと思うんです。
「驚き役」は「すごい奴ら」と「読者」をつなぐかけ橋のようなものだと思っています。
特に「俺tueeeeee」タイプの漫画だと「すごい奴ら」と「読者」はかけ離れがちです。
それでも、読者が漫画に感情移入できるのは「驚き役」がいるからではないでしょうか。

バクマンは「俺tueeee」漫画に分類されると思います。
その上出てくる人物人物が「俺tueee」タイプのキャラばかりなのでいまいち感情移入ができません。
見吉あたりが驚き役にあたるのかもしれませんが彼女は驚かない。全部受け入れるか「スゴーイ」と流す、言っちゃ悪いがタダのバカな引き立て役でしかない。
現実的に考えれば主役2人や早々と声優の仕事を手に入れた亜豆はかなりすごいわけですよ。
でも「努力」の形跡が全く見えないうえ、後述のキャラクター性のせいでちっとも共感できない。
現実世界を描いた漫画のキャラクターよりも、ファンタジー漫画を生きるキャラクターの方が身近に感じるなんて変な話です。

主役2人が鼻につく、というかひがみの対象になりやすいタイプだということも気になります。
学校の授業を漫画製作に当てる、行事をないがしろにする…
売れる漫画を作りたい!!という意気込みから来る行為なんでしょうがあまりいい見本ではないし、明らかに世の中をなめている態度は見ていて気持ちいいものではありません。
彼らがバカにしている人間はこの世界に何割いるのでしょう?
結果話が面白ければいい、というのは作者の姿が読者には見えないから言えることです。
さらに彼ら2人が描いた漫画は現実世界の読者は見ることができないので、おもしろけりゃいい、とも言えないわけです。

サイコーもシュージンも成功の階段しか登っているように見えません。
選考漏れ?あんだけ褒められてるのに挫折のうちに入るわけないわ。
結局「成功のカギを握るもの」が「成功の道をたどる」物語にしか見えないわけですよ。
しかもその道は途切れることがない(ピンチがない)ように見える。
途切れたように見えても、挫折とか苦しさとか、そのあたりが全然伝わってこない。
一応打ち切り経験のある漫画家が描いてるんだからそのあたりをどうにか…
漫画を描いている間(いわゆる戦闘パート)の苦労も全く伝わってこない(できない)せいでもあると思いますが…

また、今週のシュージンと見吉のイチャイチャぶりは実にけしからん。
これじゃタダの充実した毎日を送り恋も仕事も大成功★将来有望なイケメン達の物語じゃないか。
性格が悪いというのはキャラクターの魅力の一つの要素でもあるけど愛すべき悪さとそうでない悪さがある。
この主役2人は後者だな。
彼らの論によればジャンプ読者の大半は「馬鹿」でそいつらから金と名声を巻き上げるために漫画を描くと言ってるようなもんですからね。
漫画家の本音がそうであっても、そんなこというキャラクターを応援したいとは思えませんし、
そんなキャラクターに感情移入は私にはとてもできない。そんな漫画を面白いとは思えません。
テニプリぐらいぶっとんだ能力を披露してくれるんなら別なんだけど。
漫画が好き、自分の読みたい漫画を描きたいというタイプならまだ印象いいんだけどなぁ。
だからむしろ新妻エイジは好印象。彼は面白い漫画が描きたいから描いてる、それだけだから。
ジャンプ作家でいえば尾田栄一郎はこういうタイプなんじゃなかろうか(エイジは極端すぎるキャラだけど)
漫画は面白いから売れるのであって、目指すべき目標は「売れる漫画」じゃなくて「面白い漫画」だろうよ…

サイコーシュージンコンビの鼻っ柱をガツンと折ってくれる事件があれば面白いのにな。
新妻エイジはその役を負うことはないだろう。彼はルフィとか悟空とかそういうタイプのキャラクターだ。
彼のアシスタントを務めることで勝手にサイコーの鼻っ柱が折れる展開はアリだと思うけどサイコーの性格からしてそれはないかな…?

さらにヒロイン亜豆の存在。
私が女だから言うけど正直あの子は魅力的に思えない。むしろ気持ち悪い。
顔は可愛いと思いますよ、もちろん。
仕事でテレビにでて笑顔がない、なんて、プライドが高いんじゃない、プロ意識がないってことだろう。なんていうか「単に男の理想を詰め込んだキャラ」って感じがする。
エロゲのヒロインでもなかなかない「純」っぷりですよこの子…
言ってしまえば人間的魅力がない。魂がない。人形みたいで気持ち悪い。


もう一人のヒロインであろう見吉は逆に「女って馬鹿だよなー」という感情を擬人化したキャラに見えます。
亜豆よりよっぽど人間っぽいですがいくらなんでも女をバカにし過ぎだろうアレは…
シュージンの相手役としてはとりあえずキープとして付き合ってるようなそんな印象。
これでケータイ小説大当たり!させたら目も当てられなくなります。
漫画読み達はケータイ小説を軽蔑してることが多いです。
そんなケータイ小説のトップを狙うって「馬鹿だなこいつ」の印象しかないわけで…

主役2人がヒロイン2人のどこに惹かれてるのか全く分からないんですよ。
「どこが好き?」と問われて「顔!」と答える主人公…
私そんなに女キャラ嫌いになることないんですけどここまで魅力ないキャラだと…


しかし「漫画業界の裏事情」をで見ると非常に興味深くなってくるんだよなー。
「ジャンプ読者向け漫画」というより「自称漫画玄人向け漫画」じゃないですかね、この作品。
主役達より編集サイドの方がよっぽど面白いぞこれ。
まあ編集部がきれいすぎる気はするw
小学館問題も記憶に新しいところだし綺麗な編集部にしておかなきゃいけないんだろうが。

でもこの漫画読んで「漫画家になろう!」と思う人は少ないんじゃないだろうか…
もしいたとしても大物は引っかかってこないでしょうね、たぶん。
スポンサーサイト
19:28 | 週刊少年ジャンプ
comment(2)     trackback(0)
comments
まさに、こういう事を言う人間を「馬鹿」の一言で斬って捨てられるところが、この作家が大好きな「馬鹿」という言葉の便利なところで。
自分と相容れない価値観の持ち主を、一言で非価値化できる。
>彼らがバカにしている人間はこの世界に何割いるのでしょう?
デスノートでも、月やLなどの優秀な部類のキャラ達はみんなこんな感じだったし。
大場氏は「頭がいい」という事に相当コンプレックスがあるように見受けられます。

>「単に男の理想を詰め込んだキャラ」
これはもう逆に男としては心外というか。
亜豆の登場時点からのあまりに保守的な女性観と、これを理解できない奴は「馬鹿」と言わんばかりの決め付けは、逆に挑発の類じゃないかと勘繰ったぐらいで。
>エロゲのヒロインでもなかなかない
ってあたりで、現代の(保守的なオタク系)男の理想としても行き過ぎだと察して下さい。

>ジャンプ読者の大半は「馬鹿」でそいつらから金と名声を巻き上げるために漫画を描く

こんなの完全に挑発としか思えないし
これに過剰反応する読者を見て、また「馬鹿」とほくそえむんでしょう。
もうこういう作家だと割り切って、距離をもって楽しむのがいいと思いますよ、この作家の作品は。
2009/02/23 11:48 | | edit posted by
>ななしさん
コメントレスが無駄に長くなってしまったのでななしさんのコメントを読んで新たに考えたことで新記事たてました。
http://sonic89.blog86.fc2.com/blog-entry-577.html
個別レスもこちらに載せたのでよろしければ読んでやってください
2009/02/23 21:32 | | edit posted by さわら
comment posting














 

trackback URL
http://sonic89.blog86.fc2.com/tb.php/555-35ad6d96
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。