スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 脱力と入魂

『風と木の詩』を一気に読みました
すごかった…感想がでてこない…
あれだ、『火の鳥』を読んだ後の感覚に似てる
こういう時自分の力のなさを思い知らされる
「ものを作る」「ものを見る」「ものを語る」ぜーんぶダメダメですな
小説も漫画も他の作品もいいものはどんどん見ていこう そうしよう

『風と木の詩』読んでよかった
題材が題材なんでちょっと躊躇してたんですけどこれは読んでよかった


というかコレ図書館においていい本なのかw 
さすがに閉架図書でしたがこの性描写はアウトだろw
漫画史的には必要な作品だと思いますので置いてあるのは正しいと思いますけど
まー手塚治虫や水木しげるもエロいしね(普通に水木しげるの怪奇漫画借りたらやたらエロかった)
千年前のエロ小説が教科書に載ってるしね
そういう方向のエロじゃないとかエロなんて言葉でくくるなとかそういうツッコミなしね
私としては名作読めてラッキーです ありがとう●●区
スポンサーサイト
22:41 | 漫画
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://sonic89.blog86.fc2.com/tb.php/281-ec01c04f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。